MEATERSの観察日記


by dj-fut

虫寄せアプリ

こんばんわ。




冬人です。



なんだかおれのiPhoneにだけ、羽虫がめっちゃ寄ってくるんです
が、なんなんでしょうか。









そういうアプリでもあったのでしょうか。








なんだかはっきりしない天気ですね。





電車の湿気もすごいところですが




オレは今、電車の内部に隠れた衝撃の事実に気づいてしまいました。






今オレは新子安。

JR京浜東北線大船行きに乗っている。




ドアの横の椅子の端に座っている。

ここがやはり1番落ち着く。





その座るオレの目の前に2人の男がいる。







1人は右前で吊り革に掴まっている。

オシャレ風なコットン生地のエコバックを持っている。
パンツは細めのいい具合に色を落とされたデニム。

そして足元はティンバー。
しかしどこか様子が違う。

つま先の上あたりだろうか。

ちょうど足の甲の上のあたりに、何やら紋章のようなトライバルのような
模様がちょこんと入っている。








こいつ絶対RPG好きだ!!



ファイナルファンタジーとかすげー好きなタイプだ!







オシャレな中からにじみ出るファンタジーの香り…

ここで彼を涼平と名付けよう。







そしてもう1人の男。

オレの左隣のさらに隣に座っている男。








なぜか不自然に足を前に投げ出し座っている。






その投げ出された足元。










まさかのティンバー!!






しかも!!!








紋章が入っている!!!!!







涼平の紋章よりも強そうだ!!








顔を見ると…










すげーRPG好きそう!!!







「ドラクエはスクエアエニックスになってからドラクエじゃなくなった
ね。」


とか言いそう!!







そんなこと言っといてドラクエが発売したら発売日に買ってそう!!






まっすぐなセミロングで中分け、もみあげ辺りの毛が長いタイプの人だ。






こいつを忠勝と名付けよう。







忠勝はハンパなRPG好きではない。

新しいゲームが発売したら、全クリまでプレステの電源入れっぱなしにす
るタイプだ。






しかもその紋章ティンバーの模様を見せびらかすかのように投げ出された
足。







涼平ではかないっこないはずだ。






負っているリスクが違いすぎる。









そんな忠勝をオレが見すぎたせいか、彼は足を戻してしまった。。。

違うんだ…そういうつもりじゃ…







忠勝はハッとしたのだろう。








そうだ、ここはファンタジーの世界じゃない!
現実世界なんだ!!







あっちの世界では伝説の剣をもっているが、こっちの世界ではヒノキの棒
すらもったことがない。








そう。忠勝にとって紋章ティンバーとは、ファンタジーの世界と現実世界
を繋ぐアルテマウエポンだったのだ。






ファッション感覚でファンタジーを取り込む涼平には、元々勝ち目は無
かったのだ。







オレの観察をよそに、そんな2人はすぐに横浜で降りてしまった。






気づけば磯子。






再見!
[PR]
by dj-fut | 2010-05-29 19:16