MEATERSの観察日記


by dj-fut

虚の館


前回までのあらすじ




ひさしぶりに友人の大野くんから電話があり

大野くんの親が所有するアパートの一室にオバケが出るらしく、入居者が次々と出て行ってしまい、他の部屋の人間まで引っ越してしまった、という相談を受ける。



なので原因究明と解消のため大野くんとおれで現地に調査がてら泊まりこむことに。




とりあえず現在の装備、




お札、塩、日本酒、それと変態への餌として女性用下着、変態退治用にバールを用意した。









しかし日本酒の使い道が今ひとつわからずとりあえず飲んでみる事に。
























「澤乃井か。」





















「まぁ檀家さんが用意したらしいんでぼくのセンスではないですけど。」















と言いながら大野くんはおれの紙コップに日本酒を注いだ。



















「どうするの?乾杯でいいの?」



























「いいんじゃないですか?」

























「じゃあ、おつかれ!!」
























そこからとてもカオスな空間での飲み会が始まった。





















「そういえばレストランは皿洗いから卒業できたの?」



















「とっくですよ。いまはもう調理してますよ。料理長にもセンスあるって言われましたしね。」

















「へぇ!すげぇじゃんか!何を作ってほめられたの?」




















「おまえ、ひき肉ひくのうまいな、って言われました。」



















「ひき肉か・・・あ・・・
あとは何作れるの?」


























「あとはサルシッチャの仕込みしたりしてますね。」





















あぁ、どっちもひき肉な。




















「そういえば、間違えて買った破魔矢って持ってきたの?」




















そう。直前にわかったのだが、大野くんにお札を買っておくように伝えたはずが、彼は間違えて破魔矢を買ってしまっていたのだ。








「いや、なんかぼくもあの時は神戸いたんで準備は全部母に頼んだんですよ。
そしたら8万円するやつ頼んだら
なんか金屏風とかガラスケースとかついてきちゃって・・・」




















「金屏風?それ正月飾りじゃねーのか?

ってか、母ちゃんに頼んだの!?下着も!?

てか、8万て!8万の矢を変態に撃ち込もうとしてたのか!!」



















「質問は一度にひとつですよ。」



















イライラッ


















「なんだ?おまえあいかわらずたまにうぜーな。取り憑かれてんのか?」







「冬人くんもあいかわらず口が悪いですよね。
でもぼくってうざいですか?」




















そういう質問をするとこがもううざいんです。


という言葉を飲み込みつつ大野くんの紙コップに日本酒を注ぐ。






















「いや、うざいっていうか・・・たぶんあれだよ。清められてねーんだよそれ。お清めが足りねーんだよ」


























1時間後




















右手の紙コップはすでに柔らかくなっており、持っているのも難しいほどだった。



















「ちがいますぅ!!AKBとモー娘はぜんぜん違いますぅ!!」























「一緒だよ。ブスにかわいい子混ぜ込んで売ってるだけじゃん。」


















「いや!パフォーマンスのクオリティーもちがうしそもそもプロデューサーがちがいます!」


















「プロデューサーとかわかってるなら話が早ぇや。

会いたかったぁYES!とか言ってるけど、会いたがってるのは秋元康だからな?
しかもおまえに会いたがってるわけじゃなくおまえのお金に会いたがってるんだよ?」























「そ・・・それを言ったら面白くないじゃないですか!」


















「だから面白くねーんだってあんなの!
そもそもおまえ清められてねーんだよそれ。」






















「いや、もうそれでさんざん飲んでますよ!むしろ気持ち悪いんですけど!」






















「気持ち悪いってそれはあれだな。霊とかの仕業だな。
清めとけよ。」




























コンコン





















2人の紙コップを持つ手が止まる。















「聞こえた?」




















「・・・窓・・・ですよね?」
































コンコン














大野くんの肩がビクッとなった。

























おれがバールと塩を手に窓へ向かう。























窓の前に立つが気配は感じられない。




















アルコールのせいか思ったよりは落ち着いていた。

































ガラガラ























開けた瞬間に右手いっぱいの塩を投げつけた!





















ジャッ!




















するとそこには強風に踊るブラジャーが大きく揺れていた。














なんのことはない。




ブラジャーが風で窓にぶつかっていたのだ。
























「幽霊の正体見たり干しブラジャー!」

















大野くんと2人で爆笑。














「もうこれ取り込んでいいですよね?」
















さっき強がる大野くんを使って、天井裏登らせたり、押入れの壁をひっぺがしたりして部屋の中の探索は一通り終えていた。


















「もういいべ。なんも来ないよきっと。」
























大野くんがAKB48の「大声ダイヤモンド」を熱唱しながら女性用下着を取り込む。


















「おまえなんで一枚ずつ取り込んでんだよ!!
その青いやつごと取り込めばいいだろ!!」























「あ、すいません・・・大声ダイヤモンド歌ってたら

女の子の気持ちになってました。」


















30代になって初めての殺意を覚えた。
























それと同時にこのときなぜか違和感を感じた。
















なんだろう。何かがおかしい。




















どこかでシャツのボタンをひとつかけ違えている。



















そんな違和感だ。


















まぁ人間こういう事もあるだろう。とむりやり猜疑心を飲み込む。













「しかし霊も変態もいないとなると原因はやっぱ地上げですかね?」


















「わからんけどな。ただまぁ来ていきなり出会えるかどうかも微妙だよな。」


















すると大野くんがなんかモジモジしだした。


















「座布団くらい持ってくればよかったですね。腰が痛いですよ・・・」





















ボンボンが・・・























「それ完全に清められてねーよ。」























「それもういいですよ。紙コップもふにゃふにゃですよ」

























「ブラジャーにパッド入ってるからそれケツにしけば?」





















すると大野くんが黒いブラジャーを手に取り











「あ・・・意外としっかりしてるんですね!」

















と言って何やらゴソゴソし始めた。





















それを放置しおれが充電の切れたiPhoneの掃除をしていると

























「こうしたらどこに座ってもクッション付きですよ!」


























後ろを向いた大野くんのケツポケットに2つ折りのブラジャーが2つ。






















・・・好きにしてくれ・・・























その時おれの頭の中で、カチッと最期のパズルのピースがはまった。



















さっきの違和感の理由がわかった。




























幽霊はいない。



















地上げ屋もいない。




















変態も来なかった。






































変態は俺たちだ。























どうひいき目に見ても俺たちは変態だった。

























「おまえ大島なんとか(大野くんの好きなAKBの娘)のスカートが今あったら履くか?」































「履きはしないですけど・・・被りますね」























間違いなかった。




















変態はここにいた。



















つづく
[PR]
# by dj-fut | 2010-10-18 22:18

取り急ぎ!

こんばんわ。







大野くんの話は一休みして








フツーの日記です。










最近昼間が暑くて夜は寒いです。







もうわけわかんないです。







昨日の夜にコーヒーを飲もうとして


コップに氷を入れて


コーヒーと牛乳をいれて









電子レンジに入れてしまいました。










バチバチいってるのを聞いて気づきました。







そんな季節です。







頭もおかしくなります。








そんな秋にある数少ないイベント、ハロウィン。






ケルト人の収穫感謝祭がカトリック系のキリスト信者にイベントとして受
け入れられたものだという。






ケルト人の一年の終わりは10月31日で、この日は死者や魔女
が街に出て来ると信じられていた。


そこで魂を取られないように同じように仮装するようになったのが始まり
だろう。




この時期よくみるカボチャのオバケ、ジャック・オー・ランタンもヨー
ロッパでは人魂のような存在。


直訳はランタンを持つ男。


人魂がカボチャに乗り移った姿だそうだ。






人魂は科学的には人体にあるリンが死後揮発して自然発火するものだそう
で、土葬をしていた地域では共通の現象のようです。






だからカボチャの中に蝋燭を入れたりするのだろうか。






まぁ実際はアングロサクソン系のキリスト教のイベントなので日本にはま
だまだ浸透していないが、イベント好きの日本人にはやはり興味を惹かれ
る。








そんなハロウィンパーティ。





少し早いがいかがかな?









GOONIES@NINE DRAGON


ご存知ペイバックの裏イベント。

今回はMPCとスクラッチのみでLIVEしてみます!




DJもペイバックとはガラリとかわったキャストで、ハロウィンパーティに
ふさわしい妖しくも盛り上がる選曲で楽しませてくれます!






もちろん仮装してきた人は1000円1ドリンク!


ゲストは1500円1ドリンク!










おれも女の子にトリックorトリック?って言いまくる予定です!



嘘です!ごめんなさい!









みんなでイタヅラしちゃおうぜ!!







前回のNiNE DRAGON移転スペシャル!

おかげさまで大盛況。

http://ameblo.jp/iwakado/entry-10628463878.html
※写真レポート参照

次回の詳細がまとまってきたのでUPします。
//////////////////////////////////////////
開催日:2010/10/16(土) ※偶数月,第3土曜日
時間帯:23:30-06:00
イベント名:Glamorous × GooNieZ(グラマラス×グーニー
ズ)
開催地:[the NiNE DRAGON](ナインドラゴン)
ジャンル:
【MAIN FLOOR】HIP-HOP,R&B and GOODMUSIC
【LOUNGE】SKA,ROCK STEADY,ROOTS DUB,LOVERS
ROCK,SOUL,FUNK,JAZZ
//////////////////////////////////////////
【What's [NiNE DRAGON!?】
場所は横浜最大の繁華街・関内駅北口から徒歩約8分。伊勢佐木長
者町から3分。日の出町から8分。

昼はライブハウス「DRAGON CLUB」として夜はクラブ「NiNE
DRAGON」として営業中。

NiNEの時の特徴であった「2フロア(ダンスフロア&ラウンジフロア」の
構成で
黒と赤を基調とした大人の夜遊び空間となっております。

特徴としては
・300-400人を収容するキャパシティー
・高い天井による開放感
・ライブハウス生まれならではの豪華サウンドシステム

3つの要素を備え、
横浜の新しいムーブメントの起点として注目されています。
/////////////////////////////////////////////////
【What's GLAMOROUS×GooNieZ!?】
毎週土曜日は「GLAMOROUS(グラマラス)」と題し、魅惑的で華や
かな空間を
「選りすぐりのDJたち」が演出します。

そして、偶数月第3土曜日は「GLAMOROUS×GooNieZ」
を開催。

【MAIN FLOOR】では
横浜や横須賀・湘南・川崎の各エリア各世代選りすぐりのDJ達によ
るDJ ONLY週末定番クラブスタイルを貫き
「DJ's CHOICE」という視点で「とにかくカッコイイ音・踊れる空
間」を提供し横浜夜遊び新定番を目指しています。

前回好評のMPCバトル国内上位を独占中の豪華メンバーによるMPC
セッションやライブペイントも行います!!!

VJによる映像・盛り上げ上手なHOST MC、そして7人のGOGO
DANCERSたちによるセクシーダンスなど・・・
週末のPARTYらしい内容となっています。


【LOUNGE FLOOR】では
徹底的にアナログレコードにこだわります。
選曲的には、横浜の大人も安心なMELLOW&SMOOTHなレゲエやソウル
をプレイ。
豪華メンバーによる普段とはひと味違う大人なプレイに浸ってみてくださ
い!
/////////////////////////////////////////////////
----------------------------------------------------------------
出演者:
[MAINFLOOR DJ]

熊井吾郎/F.U.T/U★SEI/CUT LEMONN(from MEATERS)

ROCK★EDGE aka DJ IWAKADO /KEN5&U★SEI/K-LOW/ORGANIC/
BACHYOV/beetnick aka DJ Yu-Ya/SAGAW@Y/0-145

[MC]
RED B MC/JAG-Z/BURST

[LIVE PAINT]
GOSPEL FOR TRAMPS

[GO GO DANCERS]
EXCELLENT FLY GIRLZ (MADOKA,TOMOMI,KAORI,YUUMI,REIREI,MARIMARI,SEX-E
MAMILY)

[TEQUIRA GIRL]
HACHI

[VJ]
GREEN MAN

[LOUNGE]

BLACKS(aka EASTBLAZE)
KUDOMANJERO(from BULL HITTER)
DIG-IT(from MEATERS)
BUDDA(from P@RTY)
ITOKIN(from TROOP)

[ARTWORK]
Mmik25

[MIXI COMMUNITY]
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4455845

[SUPPORTD BY]
XOXO kiss kiss/LOCOSOUL/Glamorous/MAGICSTICK/STARBUDDY

[住所]
神奈川県横浜市中区曙町1-2

----------------
Even Numbered Months, 3rd Saturday Night
GooNieZ@ Yokohama[Club NiNE DRAGON]

//////////////////////////////////////////

【What's [NiNE DRAGON!?】
Located in the busy quarters of Yokohama.It is only 8 min walking
distance from JR Kannai St.(North exit).3min walking distance from
Isezaki
Chojyamachi St. and 8 min walking distance from Hinodecho

During the day it is a livehouse known as "DRAGON CLUB" and at night
"NiNE DRAGON"

Taking the unique layout of the "2 floor" concept (dance floor&lounge
floor) from NiNE, they use red&black to create a mature nightlife
atmosphere

some of the characteristics are:
*the ability to hold 300 to 400 people
*high ceiling to make it look spacious
*Outstanding sound system due to the livehouse

Having these 3 elements,NiNE DRAGON is looked upon as the new spot of
Yokohama
/////////////////////////////////////////////////
【What's GLAMOROUS×GooNieZ!?】
Every Saturday night, GLAMOROUS brings selective DJ's to bring
seductive party moods.

Then on even numbered third Saturdays GLAMOROUS×GooNieZ is held.

DJ's representing the area of Yokohama,Yokosuka,Shonan and Kawasaki
setting the style of DJ ONLY on the weekends.With the point of view of
DJ's CHOICE,they strive to produce cool sound and danceable atmosphere
in the nightlife of Yokohama.
At the DANCE FLOOR

At the DANCE FLOOR,RESIDENT DJ's play old/new Hip Hop mixing it with
new sounds.

At LOUNGE FLOOR,the infamous manager,from Limestone, Minoru,will be
the host.u might hear a few of his stories...

The playlist will include mellow&smooth reggae and soul music for the
mature crowd.We strive to make an easygoing atmosphere

Resident DJ's:
ROCK EDGE,KEN5&U★SEI,K-LOW,ORGANIC,BACHYOV,beetnick,sagaway,0-145

Address:
1-2
Akebono-cho,Naka-ku,Yokohama

MAIL: magicstick0309@yahoo.co.jp

---
-----------------------------------------------------------------------
【What's [NiNE DRAGON!?】
地點從?濱最大的繁華中心・關Qg驛站北側門徒ke大約8
分。
從伊勢佐樹長者街3分。從日出町8分。
白天Live house(音楽演奏場)「DRAGON CLUB」
夜間作為夜遊O樂部「NiNE DRAGON」營業中。
NiNE 時候特征「2大庁(舞庁&休息間」構成
變成?和紅色主調大人的夜游空間。
作為特征
・能收容300〜400人的容量
・高天頂的開放感
・Live house(音楽演奏場)出生豪華音系統
3個具備有大特征
作為?濱新的Movement的起點被注目。
/////////////////////////////////////////////////
【What's GLAMOROUS×GooNieZ!?】
kマ週星期六題名「GLAMOROUS(glamorous)」,
「精選的DJ們」魅惑性華麗的空間演出。

並且,偶數月第三星期六召開「GLAMOROUS×GooNieZ」。

【DANCE FLOOR】 
貫穿由於?濱和?須賀・湘南・川崎的各區域各世代精選的DJ
們的DJ ONLY週末定一對夜遊O樂部風格
在「DJ's CHOICE」的視點提供「不管怎樣帥聲音・能跳的空間
」以?濱夜裡遊玩新定一對作為目標。

RESIDENT DJ 達作為中心最新Hit tune做
為主軸一邊新舊種類廣泛地玩HIPHOP。

【LOUNGE】
選曲性,?濱的大人?也放心的MELLOW&SMOOTH是reggae
和Soul PLAY。

注意容易交流的空間。
請與由於萬一的豪華成員的平素對別有風味的大人的PLAY試著浸!



--------------------------------------------------

XOXO kiss kiss/LOCOSOUL
Glamorous/MAGICSTICK/STARBUDDY


・ライブペイントをしたい絵描きさん
・アナログにこだわったソウルのプレイができるDJ
・写真やビデオなどを撮影してくれる人
・簡単な動画編集ができる人
・テキーラガール!
・GO GO DANCERS!!!
[PR]
# by dj-fut | 2010-10-14 23:05

日本酒の使い方

「目的地周辺です。案内を終了します」

















車内の静寂を事務的な声が切り裂く。



















初めて乗ったプリウスは想像以上に静かだった。




















「ほら、あれですよ。」

















大野くんが指差す先にある木造のアパートは、そこだけ過去の時間に取り残されてしまったような、異質な空気を放っていた。























1時間前





















「おまえ免許あったんだな」




















「まだ取って半年しか経ってないですけどね」

















そう言いながら車線変更する大野くんの髪は以前よりもだいぶ伸び、その
横顔は以前よりも少しだけ大人びて見えた。

















「それにしては上手だよ。これはアーチェリーよりは役に立つ才能だなw」




















「ひどいこと言わないでくださいよ。」



















「そういえばお札って用意できたの?」



















「抜かりはないですよ!」





















間違えて破魔矢を用意したくせによく言う。



















そう。


今日は大野くんの親が所有する、精神的瑕疵物件に泊りに行くのだ。






















「昨日の昼間に女性用の下着も干しておきましたよ」






















その言葉の内容からは想像もできないような爽やかな笑顔だった。

























高井戸を過ぎたあたりでプリウスは幹線道路を外れた。
























「目的地周辺です。案内を終了します。」























「ほら、あれですよ。」
























問題のお化け屋敷は意外にも住宅街のど真ん中にあった。





















木造二階建てのそのアパートは灯りがひとつも点いてないせいか、その一角だけ夜が濃いような気がした。




















入居者が次々と出て行ってしまうだけあってか、見てるだけで脈拍が速くなるのを感じる。

















「さすがに怖いね・・・」


















「やめときますか?」









車から大きな袋を出しながら大野くんが言った。


やめる。なんて言い出すわけがない、と思っている行動だ。


















「いや、行こう。」



大野くんはおれのことをよく分かっている。


















おれも大きな袋を車から降ろし、大野くんの後に続いた。






















がんがんがんがん















鉄の階段を一段上るたびに二階の窓がカタカタと震える。











一瞬、記憶の隅をくすぐられたような懐かしさが頭をよぎった。

















もちろんここに来るのは初めてだが、理由はわかっていた。






















このアパートはおれが以前に白楽に住んでいたときのボロアパートに似ていた。






















「この部屋です」











階段を上りきってすぐ左のドアに鍵を刺しながら大野くんは言った。





















ガチャ












玄関を開けるとすぐに板の間があり、その奥に和室が見えた。






















この部屋の最後の住人は去年の5月に姿を消したそうだ。
















もちろん大野くんの親が雇った管理人は警察に連絡したが、主だった荷物も共に消えていたため夜逃げとして処理されたらしい。


















つまり一年半もの間、この部屋では人が生活していなかったことになる。




















しかしその割には、人の生活していた匂いが強く残っていた。























部屋の電気すら取り外された何もない部屋に、他人の匂いが残っているということに何ともいえぬ居心地の悪さを覚えた。
















「なんか感じますか?w」















ふいに部屋の壁に大きな人影がうつった。









大野くんが電子ランタンのスイッチを入れたようだ。




















LEDの無機質な光が和室を白く照らし出す。





















6畳の和室と3畳ほどの板の間の台所、



間取り的には1Kだった。



















「さぁ、準備しましょうか!」









大野くんはそう言いながら袋の中身をランタンの前に広げ始めた。



















「おまえすげぇな笑  怖くねぇの?」


















「うーん。ぼくは霊とか信じてないですからね。
前に冬人くんも信じてないとか言ってませんでしたっけ?」
















なんて心強いやつだ。



















けどなぜだろうか。この敗北感・・・



















「まぁ信じてないけどさ、そういうもんでもないじゃん?こういうのは小さい頃からある未知に対する根源的な恐怖だろ?」




















「うーん。意外ですね。冬人くんはそういうコントロールが上手いと思ってました。

ぼくは冬人くんが言ってた原因の中なら地上げ屋が1番怖いですよ。」





















「そんなの得意のアーチェリーで破魔矢撃ち込んでやれよ」





















「効きますかね?」




















「矢が刺されば誰でも効くだろw

そう考えるとおばけにも人間にも効くって、1番マイティな道具かもしれないな」


















「ちなみに冬人くんは何が1番怖いですか?」























「ダントツで変態だろ。話が通じない人間が1番怖い。

霊が人間を殺したなんて話は聞いたことがない。人を殺すのはいつも人間だよ。」




















そう言いながらおれも袋から日本酒を取り出した。




















ここでふと頭にひとつの疑問がよぎった。


























「ねぇ・・・日本酒ってどうやって使うの?」












「・・・飲むんじゃないですか?」















夜はまだ始まったばかり。


















幽霊の正体見たり枯れ尾花、という言葉を信じて次回へ続きます。









果たして日本酒は飲んでいいものなのかどうか。











次回明らかになります。
[PR]
# by dj-fut | 2010-10-13 19:08
こんにちは。








とりあえず中国の初めてのノーベル賞受賞おめでとうございます。



心より祝福いたします。










中国のノーベル賞への執着は、経済的な発展の影に隠れた、科学技術やがんじが
らめの教育方法への他国に対するコンプレックスからくるものでしょう。








その初めてのノーベル賞が服役中の民主活動家に送られるとはずいぶんと皮肉な
ものです。








最近のノーベル賞には政治的な意図が感じられますね。







そしてそのまま連携コンボのようにオバマを筆頭にその民主活動家の釈放を求め
る声が高まってきてます。









だいぶ孤立してきましたね。








この民主活動家のノーベル賞受賞はおそらく政治的にも影響が出そうですね。





中国共産党が反対勢力に追い詰められるかもしれないですね。








うふふ。楽しみ。






その焦りからか中国が優しくなりましたね。








そしてレアアースの輸出を規制したことにより中国にシェアを独占されていた
オーストラリアやアメリカが本格的にレアアースの抽出、精製に乗り出しまし
た。







そのレアアースの抽出技術がうまく回転しだすのは2012年ということです。







ということはレアアースの規制自体があと2年しか使えない期間限定の外交カード
となります。






この規制を期限ギリギリまで使ったら今後の中国バブルの崩壊後のインフレに拍
車をかけることはまちがいないでしょう。





だから優しくなったのかな笑







そしてエコポイント制度により近年日本でも家電が大量に廃棄されてきました。







そこからレアアースだけ再利用できないのか。
と考えてたら、日本のどっかの会社が来年から始めるようです。


現在のレアアースの価格急沸により再処理や流通の費用を計算しても充分ビジネ
スになるようです。









うーん。中国もあせるよな。











しかも中国の企業が最近どんどん日本の企業を買収しているようです。










いくら政府が情報統制したところで自由経済の大きな波には勝てないですね。






企業に国境はありませんからね。









まあ中国は得意の人海戦術でレアアースを精製することはできても、利用する技
術はなさそうですからね。








結局日本で家電や車にしないとただの土くれですね笑







うふふ。おもしろい。。。







とか思ってたらこんなニュースが。










茶葉からレアアース検出、成長剤で添加、使用禁止の農薬も―北京
 北京市工商局は6日に通達を出し、問題が発覚した食品17品目について、市内で
の販売を
全面停止するよう命じた。これらの商品には、使用が禁止されている農薬を含む
7品目の茶葉も
含まれていた。また、一部の茶葉からは、基準値を超えるレアアース(希土類元
素)も検出された。
中国新聞社が7日、伝えた。

 今回問題となった茶葉は、ウーロン茶、鉄観音、プーアル、ジャスミン茶の4種
で、前門華都百貨、
楽購スーパー、迪亜天天スーパー四路通店の各店舗で販売されていた。北京市工
商局は、使用
が禁止されている農薬「トリクロサン(トリクロロヒドロキシジフェニルエーテ
ル)」が検出されたため、
発売停止の措置を講じた。

 トリクロサンは分解しづらいため、トリクロサンを含有するお茶を飲むと、人
体の身体に悪影響が
及ぶ恐れがある。

 今回発売停止となった茶葉の一部には、レアアースも含まれていた。専門家に
よると、植物成長
調節剤として使用されるレアアースは、茶葉の増産や品質改良に有効だが、不適
切な使用によって
残留量が基準値を超えると、人体の健康に危害がもたらされる。(編集担当:松
本夏穂)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1008&f=national_1008_170.shtml
【関連記事・情報】
【中国】お茶っ葉からレアアース








すごいな中国は。






レアアースでお茶を作っちゃうのか。







日本も追いつかないバイオ技術!










段ボールで肉まんを作るなんていう物理法則を無視した科学技術がある国だから
な。










さすが資源大国!!










みんな!いそいでウーロン茶を買いしめろ!!笑













うーん。。。



一瞬の天下だったな。。。
















まぁ結局このブログの十八番、B級ニュースで落ち着いてしまいました笑










そうそう。そういえば、今日の夜大野くんと変態狩りに行きます。








もう下着は干してあるようです笑







冬人です。
[PR]
# by dj-fut | 2010-10-11 12:40

情報化時代

こんばんは。













ついに30歳になりました。

















モロサーです。















なんだか20歳からの10年でとても変化があったように思えます。

















とりあえず少しはマトモな人間になれた・・・かな??

















たくさんのものを得て、またたくさんのものを失いました。









いい意味でもね。
















とりあえず20歳の頃よりは少しだけ世界のしくみがわかってきました。











でもやはりテレビはつまらないですね。














先日、渋谷で中国に対するデモがありました。





知ってる人いますか?








その規模なんと2500人。













知ってる人いますか??
















どうやら日本のメディアは一切報道していないようです。














反中感情を煽るからとの理由で報道規制されたのでしょうか。


















海外のBBCやらCNNやらではかなり大きく報道されたようですが、しょせん日本のマスコミなんてそんなもんですよね。












マスコミは単なる情報ソースであって、それをどう判断するかは視聴者です。














報道の自由とは名ばかりの、当たり前のように行われる情報統制。













限られた情報だけで判断してるうちに、彼らの思い通りな方向へ思想が誘導される。













流行とかもそうですね。














流行とは本来、あるものが社会に浸透、定着していく過程をしめしたものですが、いつのまにか一部の人間が決めるものになってしまいました。















なんでこれから流行るものがわかるの?










答えは簡単。








彼らが流行らせるからです。

















それが可能になるくらいメディアの影響力は大きいということですね。
















その影響力を恐れたビビりのミンス党が規制をかけた、のかはわかりませんが。












とにかく勘弁してほしいです。

















まぁ今の政治家も大変だと思いますよ。
















今の日本の財政状態を作ったのは誰なのか。














小泉?








竹下?














いやいや、もっと昔の政治家ですよ。

















何十年も前の政治家が後先考えずいろいろな約束を法律という形で国民と交わしてしまったこと。



そこですよきっと。









今の政治家はその昔の約束にふりまわされている。













例を挙げるなら年金。
















団塊の世代が一気に退職するのはわかっていたことなのになぜ土壇場で騒ぐのか。















それは私たち国民にも責任がありそうです。












前もって

この何年か先に年金は財源を大幅にオーバーし、日本は経済破綻します。


って言ったって誰も受け入れないでしょう?















あの永田町の穀つぶしたちもがんばってるんですよ。












まあでも破綻するでしょうね。














政府はどんどん小さくなるのに、国民からは「保障してくれ!」とせがまれる。














政府や会社が死ぬまで面倒みてくれるなんてのは産業時代の幻想であり、理論上すべての人の人生を保障するなんてことは無理な時代になりました。













だから保障を受けられなかったり、会社に捨てられ苦しい生活をしてる人を見ると本当につらい気持ちになります。












この近代史上最大ともいえる変化の時代に取り残されてしまったのですから。











とはいえかくいう私も取り残されぎみです。


そりゃそうです。





産業時代のままな遅れた教育を受けて育ってきたのですから。











考えねば。















暗い話は置いといて、




明日の金曜日は










音の源

しかもスペシャル!



@JzBrat

渋谷セルリアンタワーの中といういやらしい場所でKEN5&U★SEIがスピンします!!






しかもなんとゲストが


MURO





沖野修也






ROOT SOUL








といくら金かけてるのか聞くのが怖いくらいのスーパー豪華ゲスト!!










ミーターズでゲストとってますが一応おれかケンゴに連絡くれるとうれしいです!






これはまじでオヌヌメです!!!!

















とりあえず30歳になって初めての睡眠。。。






ちょっと楽しみです。
[PR]
# by dj-fut | 2010-10-07 03:27